ミノキシジルについて

ミノキシジルとは発毛効果が期待できる薬品成分となります。
主にAGA(男性型脱毛症)の治療薬として知られ、世界中で多くの方が利用してます。
外用薬が有名ですが内服薬も存在し、両方使用することにより効果もさらに期待できます。
元々アメリカのアップジョン社が開発した促進成分で、元々は高血圧患者に使用するための経口血圧降下剤として開発されていました。
1970年から臨床実験を行っていましたが、副作用として多毛症があるとの報告が多くあり、外用薬で頭の毛髪に使用し実験を行ったところ男性の発毛に対して効果が得られ有効な成分であるということが分かったのです。
これにより、さらに研究がおこなわれ、頭髪用の発毛剤(外用医薬品)として再構築し、希釈が行われ、1980年頭にロゲインという名称の外用治療薬が誕生し、現在でも世界中で使用されています。
日本では厚生労働省より、1999年に正式に認可を受け、日本で初めての医学的育毛治療薬となったとの事です。
日本では大正製薬からリアップという名の外用治療薬があり、シリーズ化もされており大変メジャーとなってます。
ただし、安全性の観点の違いから、日本ではリアップのみが医薬品として認可しており、含有量も1%、5%のみとなってます。
リアップですが、日本でのドラッグストアでも簡単に購入できます。
ロゲインですが濃度が高いものもあり、日本では中々手に入りにくくなってます
もし、使用するのであれば、濃度の低いものから徐々に慣らしていき、そして少しずつ増やしていきましょう。
いきなり高濃度から使用するのはお勧めできないとのことです。
ミノキシジルですが外用薬として使用する際に、AGA用の経口薬も同時に使用すると効果も期待できます。服用タイプのミノキシジルタブレットも効果的です
代表的な薬で、プロペシアという経口薬があります。一般名はフィナステリドと呼ばれ、アメリカのメルク社が開発した薬です。
世界で初めて処方する内服によるAGA治療薬にプロペシアは認定されています。
有効成分は、フィナステリドになってまして、これが5a還元酵素を阻害してくれ、脱毛の原因となる物質を抑えてくれます。
これにより、成長できなくて細くなった毛や、コシが無かった毛も通常通りの毛髪になり、休止期に入っていた毛穴も復活させ、増量につながるということになります。
プロペシアジェネリックのフィンペシアもAGA治療薬として人気が高い商品です。
フィンペシアも同様、同じ成分ですので効果も同じく期待できます。
このように、外用薬と、経口薬併用により効果もさらに期待できることでしょう。