男性型脱毛症の原因物質

日本国内においても抜け毛、いわゆるAGA(男性型脱毛症)に悩んでいる人は多いです。
抜け毛の原因となってしまっている物質は男性ホルモンが原因と考えられており、ジヒドロテストステロンという物質が抜け毛を引き起こしています。
ジヒドロテストステロンはどの様にして生成されてしまうかというと、テストステロンと言われる男性ホルモンが5aリダクターゼ酵素によって変換されてしまいジヒドロテストステロンになってしまいます。
ジヒドロテストステロンは、髪を薄くしたり、精力を減退させてしまったり、前立腺を肥大させてしまう作用があり、男性の悩みの原因になっています。
?型と?型がありますが、AGAなどの抜け毛には?型が原因とされています。
また抜け毛に対しては、ジヒドロテストステロンを抑制しなければ、髪が薄くなることや抜け毛は進行することを抑えることはできず、留まることはありません。
抜け毛の進行を抑制するために効果的な方法は、日ごろの生活を改善したり、クリニックでの治療または内服薬を服用する方法があります。
日ごろの生活を改善するには、食事や睡眠を改善したり、ストレスを溜め込まずに発散し、タバコを止めたりしなければなりません。
日ごろの生活を改善しながら、併せて根本の原因であるジヒドロテストステロンを抑制するための内服薬であるミノキシジルの服用をお勧めします。
ミノキシジルとは、発毛効果のある成分となっており、毛根に直接は働きかけ頭皮の血管を拡張させ細胞を活性化させ、髪の成長を促進する作用があります。
頭皮に直接塗るタイプもあり、日本では薬局などでリアップという商品が販売されていますが、毛根まで浸透しずらく内服薬に比べ高い効果を期待できず、一時的に抜け毛の進行を抑えるほどにしかなりません。
内服薬は日本で購入するには、個人代行輸入サービスを使います。
ミノタブという商品名で販売されているので、抜け毛に困っていて髪の量を増やしたいと考えている方は購入を検討してみたください。