TOP > ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用の症状や発症率、副作用にならないための方法についてご案内します。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用を指摘する医者

男性も女性も使うことができ、どちらも非常に頼りになる効果を発揮してくれるミノキシジルは、薄毛に悩む男性にとっても女性にとっても、強い味方になってくれる治療薬です。

だからこそ愛用者も多いミノキシジルなのですが、ミノキシジルには副作用もあり、正しい使い方をしないと副作用が強く出てしまう可能性もあります。

もし、ミノキシジルを使っていて副作用が出てしまっても慌てなくて済むように、ミノキシジルの副作用についてもきちんと知っておきましょう。

ミノキシジルの副作用で最もよくあるのが頭皮の痒みです。

他にも体毛が濃くなってしまう多毛症やむくみ、低血圧や霞み目などがあります。

これらは軽いものですが、ミノキシジルの副作用の中には重篤なものもあるので、ミノキシジルを使用するときはそのこともきちんと把握してからにしましょう。

もし、これら以外の副作用らしきものが見られたときは一度ミノキシジルの使用を中断し、専門の医師に相談したほうがいいでしょう。

AGAに対して高い効果を発揮してくれるミノキシジルは安全に使ってこそ、信頼できる効果を得ることができるので、そのことを忘れてはいけません。

また、日焼けした頭皮に使用する場合で多いのが、ワセリンやトレチノインと併用すると薬剤の過剰吸収が起きるので、この点にも注意しましょう。

重篤な副作用もある

ミノキシジルの重篤な副作用に我ながら驚く医者

ミノキシジルの副作用は軽いものだけでなく、中には重篤なものもあります。

重篤な副作用と聞くと不安になってしまうかもしれませんが、安全にミノキシジルを使うためには軽い副作用だけでなく、重篤な副作用が出た場合はどんな症状が現れるのか、きちんと知っておくことをオススメします。

ミノキシジルの副作用で重篤なものは動悸や不整脈などがあります。

少し意外に感じる人もいるかもしれませんが、元々は血圧を下げる薬として開発された薬なので、こういった循環器に関係する副作用が出ることがあります。

もともと血液に関係する病気や循環器、心臓などの病気にかかっていて治療している人の場合、ミノキシジルが与える血流への影響が大きな負担になってしまうことがあるので、循環器の病気を抱えている人はミノキシジルの使用を避けたほうが無難でしょう。

また、もともと低血圧気味だった人がミノキシジルを使うと血圧が下がりすぎて意識を失ってしまう恐れもあるので、低血圧気味の人もミノキシジルの使用は避けたほうがいいかもしれません。

ミノキシジルを使うときは軽い副作用、重い副作用の両方に注意しながら、適切に使用するように気を付けましょう。

少し心配だという人は専門の医師に相談してから、ミノキシジルの使用を始めるようにすれば安心してミノキシジルによる薄毛治療をすることができるでしょう。

発症率はどれくらいか

ミノキシジルの副作用について考える中年男性

軽い副作用と重篤な副作用の両方があるミノキシジル。

副作用があると聞くとなんだか怖くなってきてしまうため、ミノキシジルの副作用はどれくらいの確率で出てしまうのか気になっている人も中にはいると思います。

とても頼りになるミノキシジルですが、その副作用が発症する確率はどれくらいになっているのでしょうか。

安心してミノキシジルを使うためにも、副作用の発症率などの知識もしっかりと頭に入れておくことをオススメします。

ミノキシジルは用法用量を守って正しく使用している限り、副作用の発症率は低く、数%ほどだといわれています。

濃度によって副作用の現れやすさなども変化してくるという特徴もありますが、使い方を間違えなければ安全に使うことができます。

たとえばミノキシジルが5%と1%では5%のほうが、副作用が現れる可能性が少し高くなるので、濃度が高いミノキシジル配合薬を使うときはそのこともしっかり頭に入れたうえで使うようにしましょう。

濃度が高くなれば効果もより高いものが期待できるようになりますが、副作用の発症率も上がっていくことは、ミノキシジルを使って薄毛を治療するときに決して忘れてはいけません。

また、内服薬タイプのミノキシジルは副作用が出る確率も高いので、注意しましょう。

副作用の心配なく使うためにも

ミノキシジルの正しい知識を知って服用することをすすめる医者

とても頼りになる効果があるミノキシジルですが、その分、副作用があることや濃度が高くなればなるほど副作用が発症する可能性が強まっていくという特徴もあるので、使用するときは副作用が出ないようにしながら使う必要があります。

副作用が出ないように使うというと少し難しそうに感じてしまったり、どうすればいいのかと首を傾げてしまう人もいるかもしれません。

副作用の心配なく使うというのはそれほど難しいことではなく、適切な使い方をすればいいだけなので、難しく考えなくても誰でも実践することができます。

副作用を発症させずに安全にミノキシジルを使うためには、ミノキシジルについて正しい知識をもって、正しい使い方で使うことが何よりも大切です。

正しい知識がない状態でミノキシジルを使うと副作用が出てしまうことが多く、インターネットでミノキシジルの副作用が出たという声のほとんどは正しい使い方をしていなかったためです。

そのため、外用薬タイプでも内服薬タイプでも、ミノキシジルを使うときは先にミノキシジルについて詳しく調べ、正しい知識を得てからにしましょう。

また、ミノキシジルに対してアレルギーがある人がミノキシジルを使うと副作用が出る可能性が高くなるので、何かアレルギーを持っているという人は先に検査をして調べ、ミノキシジルを使っても大丈夫かどうかを確かめておきましょう。