TOP > 薄毛の原因と予防法

ハゲや薄毛になってしまう原因はストレスや食生活、不規則な生活が考えられます。生活習慣を改善して予防しましょう

そもそも薄毛の原因は?

若いのに薄毛の男

様々な男性や女性を悩ませる薄毛ですが、そもそも何故薄毛になってしまうのでしょうか?

薄毛になってしまう原因には様々なものがありますが、その中の一つがストレスです。

AGAではないけれど薄毛だという人の中にはストレスが原因になっているものもあり、ストレス過多が原因の薄毛には対策をしても効果が出にくくなってしまいます。

対策をしても効果があまり期待できないというときは、ストレス過多が原因で引き起こされている薄毛を疑いましょう。

ストレスが溜まりすぎると血管が収縮しがちになってしまうといわれており、これにより血液が流れにくくなってしまいます。

血行不良になって髪へ栄養が十分に行き届かなくなり、髪の成長が阻害され、結果、薄毛になってしまうのです。

また、ストレスが溜まっている状態は上手く寝付けないことも増えてきますが、髪は眠っている間に生えようとして細胞分裂をするのですが、ストレスが溜まって眠れなくなってしまうと細胞分裂ができず、髪が成長することができなくなってしまい、薄毛が引き起こされてしまうのです。

ストレスは溜まりすぎると身体に悪影響が出るというのは皆さんもよく知っていると思いますが、このように過度なストレスは髪に対しても悪影響を与えてしまいます。

薄毛に悩んでいる人はストレスを溜めすぎてしまわないように注意しましょう。

食生活も原因になる

暴飲暴食をしている男

また、ストレスだけでなく、食生活が薄毛の原因になってしまっている場合もあります。

食生活が薄毛の原因になるのは少し意外に感じる人もいるかもしれませんが、薄毛を悪化させないためにも、薄毛に悩んでいる人は一度自分の食生活を見直してみましょう。

薄毛の原因になってしまう食事で一番にあげられるのが脂っこい食事です。

髪に栄養が行き届かなくなってしまうのは過剰な皮脂が分泌されて毛穴が詰まることでも引き起こされ、脂っこい食べ物は皮脂の分泌が増えることに繋がります。

さらに、脂っこい食べ物はカロリーが高いものが多く、頭皮の血流を悪くする肥満にも繋がってしまいます。

脂っこい食べ物は頭皮環境を悪化させてしまうこともあり、それが薄毛の原因になっていることもあるので、食べ物にも気をつける必要があります。

また、野菜不足も薄毛に繋がってしまうので野菜不足にならないようにも注意が必要です。

食べる時間や食べ方によっても髪に悪影響を与えることがあるので、夜遅い時間に食事をすることや、一度に大量に食べるドカ食いなども薄毛の原因に繋がります。

ドカ食いや早食いなどは内蔵にも負担をかけてしまうので、食事をするときはしっかり噛んで、ゆっくりとした速度で食べることが大切になります。

脂っこい食事や食べる時間帯、食べ方などに気を付けて、薄毛を悪化させないように気を付けていきましょう。

生活習慣も見直そう

生活習慣を整えている男

一般的に生活習慣が悪いと病気の原因になってしまうといわれますが、薄毛の場合でもこれが当てはまる場合があります。

薄毛になってしまったときは食生活を見直すと同時に、自分の生活習慣も見直して、薄毛の原因になってしまっている箇所を改善する必要があります。

せっかくのミノキシジルの効果も、原因がそのままになってしまっていると思ったような効果を得ることができないので、生活習慣の見直しは必ず行いましょう。

煙草を吸っている人は男性にも女性にもいると思いますが、煙草を吸う人はAGAの原因になってしまうジヒドロテストステロンの量が10%以上も増加しているといわれています。

さらに、煙草に含まれているニコチンは血管を収縮させてしまう効果もあるので、これにより血行不良を引き起こしてしまい、薄毛になってしまいます。

また、アルコールの過剰摂取も薄毛には良くなく、アルコールを分解するときにアミノ酸をたくさん使ってしまい、髪が生えるときに必要な分が減ってしまい、髪が栄養不足になってしまいます。

これだけでなく、アルコールには糖分も含まれているので摂取しすぎると毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまうので、飲みすぎないように注意しましょう。

適量であれば血行を促進させたり、ストレス解消にもなるので、お酒は適量を守ってほどほどに楽しみましょう。

薄毛になってしまったときは、乱れてしまっている生活習慣をしっかり整えて、ミノキシジルを使った治療をしっかりと行っていきましょう。

遺伝もあるけれど

運動をしている肥満の男

薄毛になってしまう原因には遺伝もありますが、薄毛を進行させないためにも、まずは生活習慣を整えて予防をすることがとても大切です。

生活習慣を見直すことで薄毛が改善されることも多いので、髪の健康のためには有意義なことといえますし、必要なことだともいえます。

生活習慣の見直しは少し大変な面もありますし、習慣として自分自身に染み付いてしまっているので改善することも容易ではありません。

ですが、そのままにしておくといつまでたっても薄毛が治りませんし、改善されるどころか悪化していくこともあるので、薄毛に悩んでいる人は必ず生活習慣を見直しましょう。

また、乱れた生活習慣は生活習慣病を引き起こしてしまいます。

生活習慣病は一度なってしまうと後々まで大変な思いをすることになるので、生活習慣病にならないようにするためにも生活習慣の見直しは重要です。

原因もなく薄毛になることはないので、薄毛になったときは必ずどこかに原因があるということです。

その原因は何なのかをしっかりと突き止め、改善できるのなら改善し、薄毛の改善はもちろん自分自身の健康も守っていきましょう。